ロゴ

各校舎の授業対応について

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

医学部 合格体験記

MEDICAL SCHOOL ENTRANCE EXAM SUCCESS STORIES

先輩たちの喜びの声に、
改めて、立ち向かう勇気を。

メディカルラボの卒業生から
寄せられた合格体験記には、
医学部合格へのヒントが詰まっています。

医学部 私立

私 立 順天堂大学・一般
大橋 宏平 さん

広島校はアットホームですが、授業内容は刺激的。メリハリがあり、継続して学習に取り組めました。また志望校を私立上位に絞るか、国公立と併願するか悩んでいましたが、両方に対応するカリキュラムで進められたことが良かったです。続きを読む

私 立 国際医療福祉大学・一般
井口 裕太郎 さん

自分がすべき最大限と最小限、いつまでに何をやるべきなのかを先生方が把握し、しっかりとしたメソッドに基づき丁寧に教えてくれました。おかげで1年を通して不安になることなく、勉強への努力をし続けることができました。続きを読む

私 立 昭和大学・一般
横山 侑以子 さん

昭和大学の一般入試は「化学」の出題が非常に特殊。他では要求されない知識が必要になります。この対策として、入試直前にも講師と1対1で過去問をやり込めたことが、合格できた大きな要因だったと感じています。続きを読む

私 立 関西医科大学・一般
白神 優祐 さん

入校当初の数か月は基礎から標準問題を再度復習し、学力の土台を構築。基礎を固めたことで、あらゆる問題に対応できるようになりました。成績が伸び悩んでいる人は、もう一度基礎を見直してみるといいかもしれません。続きを読む

私 立 聖マリアンナ医科大学・一般
乾 大樹 さん

勉強した力を最大限、本番で発揮できるようにすることが大切。そのため模擬試験では点数や偏差値、順位などと常に正面から向き合いました。復習と本番を意識した模試で結果を出し、自分に自信を持てたことが合格に繋がりました。続きを読む

私 立 北里大学・一般
金木 慎平 さん

苦手だった数学は授業内容を必ず見返し、自力で解けるまで復習。1対1の個別授業で納得できるまで講師に質問できたことが、合格の大きな要因だったと思います。自分に合った進度とカリキュラムで学べたことも良かったです。続きを読む

私 立 東京慈恵会医科大学・一般
中内 優太 さん

1浪時代は不安になることが何度もありましたが、担任の先生や講師の方々と話すことで自分に自信をつけていました。医学部受験のプロであり、常に気にかけてくれる先生方がいたからこそ、1年間しっかり勉強に取り組めたと思います。

私 立 東京慈恵会医科大学・一般
S・A さん

基礎固めの徹底が、合格に繋がったと思います。本番では解ける問題は確実に解き、解けない問題は記述で部分点を稼げるよう意識。試験会場では他人の答え合わせに心を乱されないよう、音楽等を聞いてリラックスを心掛けました。

私 立 順天堂大学・一般
鹿島 大資 さん

基礎的な知識の抜けがないよう、出来なかった問題はその類題と合わせて何度も解き直しました。簡単な問題で取りこぼしがないよう解き方を覚えたり、ケアレスミス対策に計算用紙の書き方を統一するといった工夫もしました。

私 立 大阪医科大学・一般
植村 咲月 さん

苦手な分野があれば、理解できるまで先生に質問。個別指導で自分の弱点ととことん向き合えたことが、合格に繋がったと思います。科目別の自習方法についても、私に合う方法を先生がアドバイスしてくれました。

私 立 大阪医科大学・一般
浦上 奈々 さん

分かるまで先生に質問し、復習に力を入れた結果、得意な「英語」、苦手な「数学」ともに学力が向上。特に「数学」は間違えた問題の答案や重要事項をノートにまとめ、何度も見直し。このノートは入試直前にも役立ちました。

私 立 大阪医科大学・一般
森田 晃大 さん

私立受験者であれば、推薦等も含め早々に受験プランを決めることが大切。事実、いつまでに基礎を固め、いつから過去問に取り掛かるかを担任・講師と相談して決めたことで効率が上がり、目的に応じた学習を進められました。

私 立 国際医療福祉大学・一般
A さん

私の思う合格ポイントは二つ。1対1の個別授業で苦手科目の基礎を固められたことと、スタッフの方々のきめ細かなサポートがあったことだと思います。苦手科目に関しては、些細なことも積極的に質問するよう心掛けていました。

私 立 昭和大学・一般
鈴木 晃希 さん

苦手な「英語」、得意な「数学」ともに基礎から見直したことで、前者は成績がみるみる向上、後者は気付けなかった弱点を発見・克服できました。浪人中は「周りより学力で優位に立たなければ」との思いで最後まで頑張り続けました。

私 立 日本医科大学・一般
大田 優一郎 さん

「英語」・「数学」は担任の先生と週ごとにノルマを決めて演習を行うことで、現役時代の成績の維持と更なる底上げを目指しました。弱点だった理科科目は「物理」は問題パターン、「生物」は知識を洗い直すことで、着実に攻略できたと思います。

私 立 近畿大学・一般
加藤 大貴 さん

物理が苦手でしたが、メディカルラボに入校してから得意科目になるほど成績が伸びました。個別授業はわからない問題をその場で解決できることがとても良かったです。受験勉強は大変ですが、皆さんも諦めずに頑張ってください。

私 立 東北医科薬科大学・一般
原木 司 さん

医学部合格のため、とにかく基礎を完璧に。また、苦手な部分は先生方が徹底的に指導してくださいました。医学部受験に精通したメディカルラボで学べたことそのものが、合格に繋がったと感じています。

私 立 東邦大学・一般
渡邉 紗也花 さん

ケアレスミスが多かったので、先生の指摘のもと同じ間違いはしないよう対策を考えました。また模試の結果から担任の先生と話し合い、より学習が必要な科目の授業を多くしたことで成績がアップ。合格を勝ち取ることができました。

私 立 東邦大学・一般
A さん

講師からのアドバイスにより、科目ごとの自分の特徴を理解し、徹底的に弱点を克服することで、苦手意識を払拭することができました。また不安になった時は、自分の勉強量を信じることで、乗り切ることができました。

私 立 日本大学・一般
渡邊 大眞 さん

前期は授業内容の復習を徹底し、短期間で集中して基礎学習を固めました。後期からは問題演習に注力。間違った点を見つけては見直しました。また「数学」のデイリーテストも本番のように取り組み、実践に備えました。

私 立 兵庫医科大学・一般
岩垣 衣美 さん

メディカルラボに決めたのは、個別授業なので自分のペースで勉強できると考えたからです。実際に通ってみると、自分に合ったカリキュラムで無理せず勉強を続けることができました。努力を重ねていけば必ず合格が見えてきます。

私 立 杏林大学・一般
許斐 梨紗 さん

高校3年生の春からメディカルラボに通い始めました。おかげで弱点だった「英語」と「理科」の学力が伸び、「面接」を含めた各大学の対策もしっかりと抜かりなし。結果、現役合格を勝ち取ることができました。

私 立 杏林大学・一般
高畑 大樹 さん

受験勉強は大変でしたが、先生や友人など周りの環境が非常に整っていました。また、バックアップ体制も心強かったので、最後まで頑張り抜くことができ、第一志望合格を掴みとりました。非常に感謝しています。

私 立 杏林大学・東京都地域枠
瀧瀬 翔太 さん

「問題が解ける、点数が取れる」だけではなく、「他人に説明できる、教えられる」ことを全教科の目標にして勉強していました。この域まで到達することが本当の理解であり、勉強の本質なのではないかと思っています。

私 立 聖マリアンナ医科大学・一般
N・C さん

出された課題はきちんと取り組む、赤本で大学ごとに出題傾向や問題の特徴などを調べて対策するなど、当たり前のことをさぼらず頑張って続けました。やるべき努力を継続したからこそ、合格できたのだと思います。

私 立 久留米大学・推薦
K・S さん

スケジュール管理をしっかりと行うことでムラなく勉強時間を割り振り、「1日10時間勉強」を目標に頑張りました。また先生には授業外での勉強の仕方も教えていただき、非常に助かりました。

私 立 久留米大学・一般
S・H さん

一番良かったのは、疑問点を即座に質問できたこと。集団授業では難しいですが、1対1の個別授業なら授業中であっても可能です。もう一つ良かったのは、教科の単元ごとにレベル別でテストがあったこと。弱点把握と定着に役立ちました。

私 立 藤田医科大学・AO入試(ふじた未来枠)
田中 香帆 さん

合格できた最大の理由は、1対1の個別指導。苦手な「数学」も一問一問丁寧に教えていただきました。また膨大なデータ量も特筆すべき点。AO入試問題や面接データも豊富に揃い、しっかり対策できたおかげで、第一志望に現役合格できました。

私 立 埼玉医科大学・推薦
石川 うらら さん

徹底的に取り組んだのは、「英語」と「数学」の基礎固め。演習量を増やすことを意識し、1つの問題集を、問題を覚えるくらい繰り返し解きました。また先生からの課題や宿題をどんな時もやり切ったことが学力向上に繋がりました。

私 立 東京女子医科大学・一般
K・M さん

疑問点は分かるまで調べて解決し、授業ノートを何度も見返すなど、復習を大切にしました。メディカルラボの授業は本当に濃いです。先生の言葉はどんな雑談もメモし、まとめたほど。たくさんのことを学ばせていただきました。

私 立 北里大学・推薦
渡邊 朔子 さん

標準問題がベースの基礎的な問題集に何度も挑戦して基礎を固め、面接についてもスタッフの方などに協力していただき、自然に話せるまで練習。各科目の基礎固めと面接練習で自信が生まれ、落ち着いて試験に臨むことができました。

私 立 北里大学・一般
松島 萌 さん

入学時はどう勉強すれば伸びるか分からず、合格には程遠い状態でした。しかし先生から多くのアドバイスをいただき、自分の勉強スタイルを確立。模試で結果が出ず辛く不安な時もありましたが、最後まで諦めず学習に取り組みました。

私 立 北里大学・一般
S・H さん

高校の3年間とメディカルラボでの1年間で、「理科」の苦手を克服、得意だった「英語」はさらに得意になりました。また休息と勉強のバランスを作り、毎日続けることで集中力を維持できた点も、合格に繋がったと思います。