医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナとオンラインの対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「株式会社ドゥ・ハウス」調べ

合格実績

 

2022年度も校舎スタッフ一同協力して、生徒のサポートに努めております医系専門予備校メディカルラボ岡山校です。

ここでは、医学部受験を経験した受験の先輩でもあるチューターにスポットを当て、彼らを身近に感じてもらえましたら幸甚です。

チューターとは、授業で講師に聞きそびれてしまったことや自習でつまずいた点など

学習面の質問はもちろん、時には医学部受験へのモチベーションを上げてくれる大学生活や将来のお話などしながら相談にも乗ってくれる頼れる存在!皆さん、機会があったらぜひアドバイスしてもらいましょう。

 

 

岡山校では、岡山大学と川崎医科大学の医学部生たちが、

チューターとして、受験の先輩として、自分たちと同じ医師を志す生徒たちのため、活躍しています。

 

 

そんなチューターたちの、チューターによる、チューターのためだけじゃないコラム。

‟チューター和”を今後もお楽しみいただけたらと思います。

 

今回のコラムニスト(!?)は、

見た目は涼しく、心は熱く、夏にちょうどいいこのお方↓

 

 

 

 

 

んにちは!メディカルラボ岡山校でチューターをしているOです。夏も近くなり、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は部活の夏の最後の大会に向けて筋トレで体を鍛える日々を過ごしています。

胸の筋肉(大胸筋)は割とすぐにつくのですが足の筋肉(大腿四頭筋)は中々つかないこともあり、筋トレは続けることが重要です。

サボるとすぐに筋肉がおちてしまうため、筋トレは僕の大学生活ではすっかり習慣になってしまいました。

 

て、最初に私の大学生活(主に筋トレ話)をしてしまいましたが、今回は受験生の夏の過ごし方などを話したいと思います。

この夏に力をつけるために何が重要か、私の浪人時代を振り返ってみると大きく<2あると感じます

 

 

 

 

ず1つは、勉強に対する自分のモチベーションを上げることです。

中々思うように模試の結果が出なかったり、夏に浮かれている世間とのギャップに勉強へのモチベーションは下がる一方かもしれません。

受験はどこまで自分を追い込めるかという自分との戦いでもあるので、勉強に対してやる気を持つことはとても大切です。

モチベーションを上げる例として、一日の勉強終わりに漫画など自分の趣味の時間をつくるも良し、朝昼晩のご飯を楽しみにするも良し、

夢の大学生活に思いを馳せるも良し(私の場合、まさかこんなに筋トレと部活に打ち込んでいるとは思いもしませんでしたが笑)、モチベーション維持のためのアプローチは色々あっていいと思います。

 

 

 

してもう1つ重要なことは、勉強の習慣と環境を整えることです。

受験本番までに膨大な量の知識や演習を身につける必要がありますが、特に夏は暑くてだるいために中々集中できませんよね。

しかし、勉強の習慣や環境の観点はメディカルラボに通われている方ならすでに満たされていると思います。メディカルラボにはデイリーテストという毎日する小テストもありますし、冷房もガンガンに効いて夏であることを忘れさせられる快適さですし。

むしろ、自習室にこもりっぱなしにならずに陽の光を浴びる時間があってもいいかもしれません。

つまり、メディカルラボでスケジュールを立てて、その通り勉強することでこの観点は達成すると思います。

 

 

 

以上、夏の過ごし方を紹介しましたが、、、

 

私の場合、浪人時代の過ごし方が大学生活に生きていますね~。

部活の大会に向けて筋トレしたり、筋トレの習慣や環境(ジム)もありますし。

主に私が実践した勉強の夏の過ごし方でしたが、このように自分の内と外を充実させることが重要だと私は思います。参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

 

後になりましたが、

受験生の皆さん、せっかくの夏なのに遊べないと思うかもしれませんが、

今のつらい時を乗り越えることは今後の人生で必ず糧になると信じて頑張ってください。

 

 

私は、夏の大会、そして、夏が終わってからのCBTという大きな試験のためにも鍛えていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

***Thanks!***

筋肉も勉強も継続がカギなのですね💡 

会うたびにいろいろと成長しているのがチューターでもあります。次回のコラムもお楽しみに!

PAGE
TOP
資料請求
校舎検索