医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナに対する各校舎の対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

検索

医学部 合格体験記

ENTRANCE EXAM EXPERIENCES OF THE MEDICAL FACULTY

自身を見つめ、志望校を見つめ、結果に直結する学習法の確立を。

北里大学・一般

金木 慎平

後輩へのメッセージ

何よりも自力で合格を勝ち取るために、1日を最大限活用してください。私自身も、たまたま合格できたに過ぎません。もう1年浪人するか、医学部ではない大学に行くか、本当に紙一重のところだったはずです。それでもなんとか念願の医学部に合格できたのは、毎日1つは何かを学ぼうとした姿勢だったり、受験会場で最後まで粘って問題を解こうとしたおかげだったと、今は思います。あと一歩、足りない何かを埋めるために、日々自分に足りない部分を探しながら授業に臨んでください。きっと、新たな発見があるはずです。

講師・校舎スタッフからのメッセージ
  • 講師 渡辺 裕美 先生

    私は、金木君の「化学」を2年間担当しました。「化学」は、1年目の時点で医学部受験に必要なレベルまでできるようになっていましたが、試験本番では体調不良もあり残念な結果となりました。この時点で4浪目。自暴自棄になってしまってもおかしくない中、彼は違いました。絶対に医師になりたい。その諦めない気持ちが実を結ぶことになったのだと思います。

  • 校舎スタッフ 阿部 巴美 さん

    常に、去年と比べてどうか、今足りないものは何かを考えて学習を進めていました。早い段階から志望校を検討し、ゴールを明確にして取り組んでいたからこそ、今やるべきことが見えていたのだと思います。精神的にも落ち着いており、模試や一次試験の結果に一喜一憂せず、どんなときでも自分と向き合ったことが合格をつかみ取れた理由です。

合格体験記一覧に戻る