ロゴ

各校舎の授業対応について

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

熊本校

電停チカ 街ナカ 寮あり

新型コロナに不安を感じる方のための
特別な授業対応・
特別な入学相談対応について
~1対1の個別授業 オンライン化~

詳しく見る

アットホームな雰囲気の中、高卒生・高校生が切磋琢磨。

2015年12月、熊本の中心とも言える、「水通町」電停前の「テトリア熊本銀染コアビル」4Fに開校。
地方校舎ならではのアットホームな雰囲気で、担任スタッフ・講師が生徒一人ひとりに熱心かつ親身に接しています。
また教科の指導のみならず、生活面や精神面もサポート。
予備校生はもちろん、現役高校生が多く通塾している点も特徴です。

資料請求はこちら

1

校舎長
ごあいさつ

熊本校は、アットホームな雰囲気が魅力です

本校では2つの「H」、「Honesty」と「Hospitality」をモットーに、スタッフと講師が全力で生徒をサポートしています。合格者を2015年の開校以来、熊本大学や久留米大学、福岡大学など、九州地域の医学部に多数輩出。さらに首都圏の医学部や推薦入試にも実績があります。私自身、子どもが医学部と歯学部に進学しましたので、その経験も保護者の皆さまにお伝えしています。ぜひ一度、ご来校ください。
渡辺 典子

2

設備

ゆったりとしたスペースとくつろぎを用意

受付

生徒の登下校をスタッフが見守ります。昼食・夕食の注文もこちらで。

授業ブース

メディカルラボが誇る質の高い授業は、ここで行われています。

自習室

周囲の音を気にすることなく学習に集中できる、静かな空間です。

BBY

映像授業を行う設備。周りの音を気にせず、授業に取り組めます。

質問解決室

現役医大生(熊本大学医学部)チューターが、生徒の質問を解決。

PCスペース+書庫

過去問や参考書をそろえた場所。PCでは調べ物や願書の出願も行えます。

3

講師紹介

生徒想いのプロ講師が勢ぞろい

英語・小論文・面接林 泰彦 先生

生徒に寄り添いながら、どんな些細な疑問にも真摯に向き合う。この姿勢のもと、論理的な思考が求められる英文法を正しく伝え、長文読解や英作文の場面に応用できる基礎力を養っていきます。必ず「英語」が好きに、そして得意になる、そんな知的好奇心をくすぐる楽しい授業で、合格を確実に掴む力を身に付けていただきます。

数学多田隈 誠志 先生

「数学」の入試問題を解くには、盤石な「基礎力」と、問題の条件を理解し解決手段を見つける「論理的な思考力」が必要です。それは将来、医師として仕事をする上で必要な基礎能力となるでしょう。授業では完全個別授業の利点を活かし、生徒と質疑応答を行いながら、問題の分析法・解決法の考え方を伝える指導をしています。

生物有働 葵 先生

近年の医学部入試「生物」は、考察問題や論述問題が多くなっています。覚えるだけでは点数は取れないので、出題者と意思疎通を図る気持ちで取り組みましょう。具体的には求められている内容を読み取り、考え、相手に間違いなく伝えることが大切。授業は1対1なので、たくさん話をして意思疎通を図り、合格へと近付いていきましょう。

化学秀島 康功 先生

医学部入試の「化学」は、とにかく高得点を取ることが必須。高得点の安定化を図るには、いわゆる「暗記」と呼ばれる無機・有機分野の得点獲得をしっかり行い、「理論」に進むことが大切だと考えています。授業では有機・無機の要点演習を徹底的に行い、点数が高得点で安定した後、理論の攻略へ。これは個別だからこそできる指導です。

物理肥後 幸男 先生

ますます厳しく、難しくなってきた医学部受験の「物理」ですが、その本質を理解して戦略を立てれば、合格点を取ることは十分可能です。1対1の授業なので受験「物理」の本質を分かりやすく丁寧に解説できますし、一人ひとりの弱点を見つけて克服し、実力を飛躍的に向上させる自信があります。合格を目指して一緒に頑張りましょう。

国語・小論文・面接佐々木 泰人 先生

医師を目指す皆さんには、与えられた状況から出来るだけ早く、正確にエビデンスを抽出する能力が求められます。雑多で長い問題文から「ここが重要だ」というポイントを、ロジカルかつスピーディーに掴み取る能力を磨いていきましょう。授業では、センター試験であれば半分の時間で満点を目指す解き方・勉強法を指導します。

小論文・面接篠原 健治 先生

学科試験の勉強を優先するあまり、入試直前になって「書けない」、「話せない」ことに気付き愕然とする受験生が多くいます。入試では「小論文・面接」も点数化されていますから、早めの対策が必要です。授業では単なる小論文添削、面接練習ではなく、「本人の強み」を引き出し活かす、完全個別ならではの指導を行っています。

メディカルラボの講師をもっと見る

4

合格者紹介

熊本校で合格を掴んだ生徒たち

私立 久留米大学・一般
S・H さん

一番良かったのは、疑問点を即座に質問できたこと。集団授業では難しいですが、1対1の個別授業なら授業中であっても可能です。もう一つ良かったのは、教科の単元ごとにレベル別でテストがあったこと。弱点把握と定着に役立ちました。

私立 北里大学・推薦
渡邊 朔子 さん

標準問題がベースの基礎的な問題集に何度も挑戦して基礎を固め、面接についてもスタッフの方などに協力していただき、自然に話せるまで練習。各科目の基礎固めと面接練習で自信が生まれ、落ち着いて試験に臨むことができました。

合格体験記をもっと見る

5

保護者の声

個性と学力に合わせた指導はもちろん、メンタル面のサポートも

熊本校に入学する前、いくつかの大手予備校の医学部コースに通いましたが、本気で勉強できているのか確信が持てない状況でした。しかし、熊本校では充実した勉強ができたようで、模試の結果が急激に改善、受験予定の大学のほとんどがB判定以上となり、本人のモチベーションも上昇したようでした。実際の入試でも、3校の1次で合格を獲得。そのうち1校は自己採点で合格ラインをはるかに超えており、本人も合格できると思っていたようですが、結果は不合格。多浪が影響したのかもしれませんが、息子の落胆は想像以上で、家族にとっても最悪の事態となりました。立ち直れるか厳しい局面でしたが、熊本校の先生方にも応援していただき、何とか再度挑戦しようと奮起。この時、「どうしても医師になる」という思いが固まったように思います。最終的には希望大学への入学が叶い、本当に感謝しています。息子にはこれまで苦労した分、「人の気持ちが分かる医師」になれるのではないかと期待しています。

保護者名:A さん

保護者の声をもっと見る

6

寮のご案内

安心・快適・便利、勉強に専念できます

男女寮

24時間録画式防犯カメラ&オートロック完備。入退室管理システムもあり、安心・安全です。食事は寮母の手作りで朝夕の2食付き、申し込み制になっています。

アクセス
ドーミー熊本
アクセス方法
校舎→(目の前)→熊本市電「水道町電停」→(市電6分)→熊本市電「味噌天神前電停」→(徒歩1分)→寮
※校舎から寮まで徒歩16分(市電利用7分)
住所
〒862-0971 熊本県熊本市中央区大江5-17-27
定員
120室
部屋の広さ
約10畳

主な設備 ex.
ベッド・机・イス・IP電話・電気スタンド・全自動洗濯機・2ドア冷蔵庫・バスルーム・シャワートイレ・クローゼット・冷暖房エアコン・カーテン・IHクッキングヒーター
※希望者は布団のリース、家電のレンタルを別途申し込み可能

寮長・寮母さんの声
心を込めた手作りの食事で待っています
頼藤 恵美子 さん(マネージャー 頼藤 猛さん)

初めての一人暮らしは不安もあると思いますが、皆様の親御さん代わりとして、私たちがしっかりサポートします。食事では、疲れて帰ってきた時にも「美味しい」と思ってもらえるよう、家庭の食事と同じように心を込めて手作りしています。

ACCESSアクセス

・熊本市電「水道町」電停目の前
※JR「熊本駅」から「水道町」電停までは、熊本市電で20分

住所
〒860-0808
熊本市中央区手取本町11-1 テトリア熊本銀染コアビル4F
大きな地図で見る
TEL.
096-342-5810
0120-456-774