ロゴ

医系専門予備校 合格者数 No.1 ※「医学部予備校ナビ」調べ

2019年度入試合格実績 1,189名(うち医学部1,004名)[2019/5/6時点]

東京池袋校

駅チカ 通学便利 静穏環境

池袋の新ランドマークで落ち着いた学習環境を確保。

2019年4月1日、池袋の新ランドマーク「ダイヤゲート池袋」5Fに移転オープン。
首都圏有数の鉄道8路線が乗り入れる池袋駅より徒歩4分の立地で、西東京・埼玉からのアクセスからも良好です。
学生が多い街の雰囲気とは対照的に、校舎内は落ち着いた学習環境を確保。
ゆとりのある明るい校舎で、親身なスタッフが皆さんの合格をサポートします。

1

校舎長
ごあいさつ

通いやすく、落ち着いた環境で学習できる身近な存在

関東では最も新しい校舎となり、アクセスも良好でより身近な存在となった東京池袋校。校舎内は広々とした落ち着いた空間で、学習に集中していただける環境です。休憩時間には、講師・スタッフと生徒が談笑する光景を見られることも。生徒に親身に寄り添えるスタッフが集結する本校を、ぜひ一度、見に来てください。お待ちしております。
塩津 寛昭

2

設備

ゆとりのある、明るく落ち着いた設備が魅力

受付

毎日、生徒と話す大切な場所。少しの変化も見逃しません。

自習室

ブースで仕切られている自習室は、静かで落ち着いた空間です。

校舎内

開放的な落ち着いた空間で、学習に集中できます。

チューター掲示

現役の医学部が質問対応をします。

ダイヤゲート池袋ビル 2Fデッキ

4月に竣工したばかりのビル。休み時間は芝生の上で気分転換。

ダイヤゲート池袋ビル 2Fファミリーマート

軽食などは、ビル内のコンビニエンスストアで購入することができます。

3

講師紹介

入試に精通したプロ講師が、生徒一人ひとりに合った授業を展開

英語佐野 恵世 先生

医学部入試の「英語」攻略に必要なものは「負けん気」。人より多く「単語」を身に付け、「文法」をしっかりと固め、丁寧に「構文」を考えて、英文を読み、理解力を身に付けていく人だけが結果を出せます。講師はそのサポーターとして、時には学者や芸者、医者になりきり、受験生の皆さんを応援していきます。

数学松井 伸容 先生

入試倍率が高く、ハイレベルな戦いとなる医学部入試。合格ラインに多くの人が集まるこの最難関受験で、不安を感じるのは当たり前です。しかし、ここで自信を持ち、最後まで諦めないことが大切。今までやってきたことの積み重ねは確実に実力、そして結果へと結び付いていきます。合格を勝ち取りましょう!

生物夕部 泰弘 先生

医学部入試の「生物」は近年、文と図表を読解し、基礎的理解に基づき推論する問題が主流になっています。この問題に対処する基礎概念と読解力を身に付けるには、質疑応答が効果的。言葉、表情、身体と心、すべてを使って伝えます。渾身のギャグも交えつつ教えますので、十分な睡眠を取って、講義に来てください。

化学今田 真吾 先生

「化学」は暗記科目と思われがちですが、実は情報の整理をする科目。もちろん定義などを暗記し定着させる必要はありますが、近年、増加傾向にある長文問題を攻略するには、問題文をしっかり読み、情報を整理することが非常に重要です。知識の定着と情報を整理する力を結び付け、得点力へと繋がる指導を行っていきます。

物理戸坂 義春 先生

「物理」は「考え方」が大切。医学部入試でも考える力を問う傾向が強まっており、単なる暗記では対応できなくなっています。しかし恐れる必要はありません。基本的な「考え方」を身に付け可能性を広げることで、難解な問題にも対処できる力を獲得できます。生徒たちの内に眠る「可能性」が、溢れ出し輝くことを願っています。

国語・小論文・面接余吾 育信 先生

「なぜ医師になるのか?」の問いが面接の基本課題とすると、「現代の医療をどのように考えるのか?」が「小論文」で問われる課題です。「面接」と「小論文」は別々にあるのではなく、相互に補完しあっています。皆さんが自分自身に問い、その答えをいかに深められるかがカギ。問いに対する一人ひとりの探求を促し、合格へ導きます。

メディカルラボの講師をもっと見る

4

合格者紹介

生徒・保護者・講師・スタッフ。皆が一丸となって合格を獲得

私立 聖マリアンナ医科大学・一般
N・C さん

出された課題はきちんと取り組む、赤本で大学ごとに出題傾向や問題の特徴などを調べて対策するなど、当たり前のことをさぼらず頑張って続けました。やるべき努力を継続したからこそ、合格できたのだと思います。

私立 聖マリアンナ医科大学・一般
乾 大樹 さん

勉強した力を最大限、本番で発揮できるようにすることが大切。そのため模擬試験では点数や偏差値、順位などと常に正面から向き合いました。復習と本番を意識した模試で結果を出し、自分に自信を持てたことが合格に繋がりました。

続きを読む
合格体験記をもっと見る

5

保護者の声

生徒に対するスタッフや講師の気配り・心配りが行き届いている

メディカルラボから帰ってくると、夜食を食べながら毎日、楽しそうにその日のことを話していた我が子。おかげで一度も「受験勉強が辛い」と言うことはありませんでした。医学部受験の勉強方法を1から教えていただいたことはもちろん、講師やスタッフの皆様、そして周りの友人に支えられたことで、日々成長していけたのだと感じています。

保護者名:A さん

保護者の声をもっと見る

6

寮のご案内

寮母は受験生への気配りに長けた、東京のお母さん的存在

男女寮女子寮

長年受験生を見守り続け、「ここぞ」の気配りにも長けた寮母が24時間常駐。アットホームな雰囲気で栄養士考案の食事提供もあり、勉強に集中できる環境です。

アクセス
ドーミー方南町
アクセス方法
校舎→(徒歩6分)→東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」→(電車9分)→東京メトロ丸ノ内線「方南町駅」→(徒歩7分)→寮
住所
〒168-0063 東京都杉並区和泉1-38-12
定員
38名
部屋の広さ
11.10畳

主な設備 ex.
ベッド・机(スタンドライト付き)・イス・本棚・ユニットバス・キッチン・カーテン・照明器具・クローゼット
※パブリックスペース設備:ダイニングルーム・オートロック・メールBOX

寮長・寮母さんの声
わが子のような気持ちでサポート
及川 明子 さん

「朝ごはんはきちんと食べているかな」、「今日は元気がないけれど大丈夫かな」など、生徒の顔をしっかりと見て、自分の子どものように接しています。勉強に100%集中できる環境を心掛け、受験生の皆さんをサポートしています。

利用した生徒の声
規則正しい生活で勉強できています
Y・U さん

毎朝同じ時間に食堂に行っていると、その時間にいなかった時、安否確認の電話がかかってきます。おかげで規則正しい生活が続けられています。また立地的に遊びに行くには不便な場所にあり、誘惑が少ないこともあって勉強に集中できています。

寂しさとは無縁の寮生活です
原 和心子 さん

オートロックでセキュリティがしっかりしているため、安心して暮らせています。朝と夜に必ず寮母さんやスタッフさんと顔を合わせるので、親元を離れての生活でも寂しくなることなく過ごせているのもいいところ。寮の食事も美味しいです。

ACCESSアクセス

・JR「池袋駅」より徒歩5分
・西武池袋線「池袋駅」南口より徒歩1分

住所
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-16-15 ダイヤゲート池袋 5F
大きな地図で見る
TEL.
03-5396-7595
0120-456-288