医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナに対する各校舎の対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

検索

医学部合格を勝ち取るための手段と方法がここに!

全国の書店にて発売中

2022年度用「医学部受験」を決めたらまず読む本

受験生はもちろん、高1・2生、
保護者の方にも役に立つ!

2021年度の医学部入試は、「大学入試センター試験から大学入試共通テストへの変更」「新型コロナウイルス感染症対策による日程の変更」など、変動要因が少なくありません。

本書では、14年間で5,655人を合格させた、医系専門予備校合格実績No.1の「メディカルラボ」のカリスマ講師・可児良友が医学部合格の秘訣を徹底解説!

医学部に合格するまでの道のりを「7つのStep」に分け、図表入りで分かりやすく解説します。

巻頭には、医学部受験の入門編として、「合格をナビゲートする7つの質問」をまとめました。さらに、巻末には特別付録として「2021年度医学部入試が大きく変わる」「医学部受験生の保護者の役割とは?」も付けています。

本文中の入試データ等は、医学部受験の必携書『全国医学部最新受験情報 2021年度用』に基づくもの。全国82国公私立大学の入試データ満載の同書と併せて読めば、医学部合格のための対策は万全です!

合格をナビゲートする7つの質問

Q1 医学部入試のしくみはどうなっているの?

Q2 医学部の入試はどれくらい難しいの?

Q3 医学部の入試問題は他学部と何が違うの?

Q4 医学部入試で、面接・小論文対策は重要なの?

Q5 医学部の学校推薦型選抜は一般選抜よりも易しいの?

Q6 医学部の学費はどれくらいかかるの?

Q7 医学部に合格するために大切なことは?


A5版 214ページ/価格 1,500円(税別)

お買い求めはこちら
医学部に合格するための7つのStep
Step1未来への目標を設定する

①自分が医師となった将来像を描こう
②本当に目指したい志望大学を決めよう
③合格に近づくための「戦略的受験大学選び」とは?

Step2自分専用の合格計画を立てる

①医学部入試の現状を知る
②自分の学力をきちんと分析しよう
③医学部受験は「過去問」に始まり「過去問」に終わる
④自分の学力と志望大学に合わせた学習計画を立てよう

Step3合格に最も大切な基礎固めをする

①基礎を固める勉強法を考え実践する
②〈教科別〉基礎を固める勉強方法

Step4合格を決める思考力・応用力をつける

①応用問題が合否を分ける
②〈教科別〉応用力を身につける勉強方法

Step5面接・小論文対策で医師になる自覚を育てる

①〈医学部の面接試験〉高まる重要性と対策法
②〈医学部の小論文試験〉医師としての適性も問われる

Step6戦略的に受験大学の対策をする

①入試(テスト)に強くなるための対策をとろう
②受験校の対策に過去問をうまく活用しよう
③ケアレスミスをなくすための対策をしよう

Step7入試本番で実力を発揮する

本番の試験をシミュレーションしよう

付録
  • 付録12021年度医学部入試が大きく変わる

    ・「センター試験」から「大学入学共通テスト」へ

    ・全科目のマークシート式方式で出題傾向が変化

    ・英語ではリスニングがより重要に

    ・「統合型選抜」「学校推薦型選抜」が拡大し、「一般選抜」が狭き門に

    ・基礎を固め、思考力を培えば新入試は怖くない

  • 付録2医学部受験生の保護者の役割とは?

    ・体調管理など、側面からサポートを万全に

    ・子供を信じ切ることが大切

執筆者:可児 良友 (かに・よしとも) 医系専門予備校メディカルラボ 本部教務統括

1991年から大手予備校で受験生の指導に携わり、数多くの医学部・歯学部志望者を合格に導く。その豊富な経験をもとに、マンツーマン授業で合格を確実なものにする医系学部受験の指導メソッドを構築。2006年に医系専門予備校メディカルラボの開校責任者となる。カリキュラムの監修や講師・スタッフを統括する本部教務統括として、また生物の講師として、現在も医学部受験の最前線で活躍中。

読者の声

受験生より

医学部合格に必要な道筋が、具体的で分かりやすかったです。

保護者の方より

資料も豊富で分かりやすい言葉で解説しているので、親が読んでも理解できるものでした。

高2生より

受験勉強をスタートさせる時に読んでもよし、直前期に受験校対策の章をピックアップして読んでもよし。
いつの時点でも即戦力になる本だと思う。

※昨年度販売の「あなたの医学部合格をかなえる成功の9ステップ」に寄せられた声を掲載しています。

PAGE
TOP
資料請求
校舎検索