医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナに対する各校舎の対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

検索

高3生の方へ

FOR HIGH SCHOOL SENIORS

医学部合格へのルートを定める。
自分自身を知り、
医学部受験の本質を知る。

現役で医学部合格という最難関への挑戦は、
自分自身を知ることから始まります。
自分の学力と医学部受験をよく知り、
医学部合格へのルートを探す。
医学部合格への最短距離を、
メディカルラボが導き出します。

「現役合格する」ための
高3生の学習は?

自分自身の学力と、志望校の合格ラインまでの
ギャップを知る

受験勉強を始めるとき、目指す大学がどういう出題をしているのかを知らないままスタートしてしまうと、 努力の方向を間違ってしまう危険性があります。また、合格するのに必要な学力は、目指す大学によって異なります。 このため、早い段階で志望校の過去問を解き、志望校に対して自分の学力をどこまで伸ばせば良いか、また、合格のために何が足りていないか、 自分と目指す先のギャップを知ることです。過去問演習は同時に、自分の苦手分野も自ずと見えてきます。

「英語・数学」で先行し、「理科」で追い込む

「英語・数学」は、医学部入試においての最重要科目であり、高校で学ぶ分量も多く、最も差が付きやすい科目です。 現役合格した人の多くは、「英語・数学」を中心に勉強しており、合否を分ける科目と言ってもいいでしょう。 また、「英語・数学」は一度理屈を理解してしまえば、学力を維持しやすい科目でもあります。得意科目にしてしまえば、第一志望合格へと近づきます。 一方、「理科」は暗記項目も多く、長期的な記憶を保つ労力を考えると、 短期的に集中して暗記することが受験勉強の観点からみると効率が良いと言えます。

実は自分にとって、
合格に近い大学があることを知る

受験校を選定する際に、ボーダー偏差値を基準に選んでいる受験生は少なくありません。 医学部入試は、大学により出題傾向が大きく異なります。来校者の学習相談時に、「この大学の英語は比較的簡単だと聞いていたのに、 思ったよりも解けなかった」と耳にすることがあります。偏差値で選んだ大学と自分の学力特性が合っておらず、 さらに受験校対策を十分に行っていないがために、力を出し切れなかった受験生もいます。 まずは、自分に合った出題をする大学はどこか、そして早いタイミングで対策を始めるのが合格への近道です。

メディカルラボには、現役合格を目指せる、
効率の良い学習メソッドがあります。

あなたのギモンにお答えします

Q&A

医学部受験について

Q
新入試制度の導入で、医学部受験はどう変わりますか?
A
国公立大学の入試には、ほぼ『大学入学共通テスト』が必要です。

新入試制度を導入するきっかけは、近年のAI、ICT、グローバル化をはじめとするさまざまな社会の変化に対応できる人材を育成することにあります。 日本の大学における入試問題は、これまでは暗記型の「知識・技能」を中心に出題されていましたが、今後はこれに加えて「思考力・判断力・表現力」を中心とした出題に変化しようとしています。 このため、まず『大学入試センター試験』が廃止され、『大学入学共通テスト』が導入されます。医学部受験で言えば、国公立大学を志望する場合には、1次試験としてほぼすべての大学に『大学入学共通テスト』が課せられます。 私立大学でも、これまでの『センター試験利用型』を実施していた入試が『大学入学共通テスト利用型』に移行します。国公立大学の2次試験や私立大学の個別試験などは、今のところは概ね現在の出題内容を踏襲する大学がほとんどです。 ただし、面接試験や小論文試験を今まで以上に重視する大学も出てきています。

Q
『大学入学共通テスト』は難しい?
A
思考力・判断力・表現力を中心に評価されるテストになります。

大学入試センターのWEBページには、次のように記載されています。 センター試験:「大学に入学を志願する者の高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的とするもの」 大学入学共通テスト:「大学教育を受けるために必要な能力について把握することを目的とする。 このため、各教科・科目の特質に応じ、知識・技能を十分有しているかの評価も行いつつ、思考力・判断力・表現力を中心に評価を行うものとする」 このことは、センター試験より共通テストの方が難しくなるということです。「英語」は、 これまでの「読む」「聞く」に加えて、「話す」「書く」の試験が、英検などの外部資格・検定試験を利用して実施されます。 また、「国語」と「数学」では一部の設問で、記述式問題が出題されます。 つまり全国模試の偏差値が高いだけでは、合格できないこともあるということを意味しています。

Q
国公立大学医学部と私立大学医学部では、勉強の方法は異なりますか?
A
国公立、私立問わず、志望校の傾向にあった勉強が必要です。

国公立大学であろうと私立大学であろうと、基礎学力が何よりも大切であることに変わりはありません。 もう少し別の言葉で言い換えれば、「知識」と「技能」が必要です。基礎学力がなければ、標準問題から応用問題まで解答できません。 ただし、入試問題にはさらに別の要素も加わります。国公立大学医学部の入試問題はほとんどが記述・論述式の解答ですが、 私立大学医学部ではマーク式や選択式の解答が多いです。また、私立大学の方が国公立大学に比べて、一般的にどの科目も問題の分量が多いのが特長です。 ただし、国公立大学、私立大学を問わず、大学ごとに出題傾向や問題の分量、難易度、試験時間、科目ごとの配点などが異なるため、志望校の傾向に沿った学習が必要となります。

Q
過去問はいつからやるべきですか?
過去問の良い活用法を教えてください。
A
過去問演習が合格のカギ。できるだけ早く着手を。

もし可能であれば、高3生の4月から開始したいものです。医学部に現役合格者を多く輩出している高校の多くは、中高一貫校です。 これらの中高一貫校は、高2生終了時までに高校3年間で学習すべき内容を終え、高3生からはハイレベルな問題や志望校の過去問演習に取り掛かります。 大学ごとに入試問題の出題傾向が異なるため、過去問演習がカギを握ると言ってもいいでしょう。一方、公立高校などで学習進度が遅い場合、 高3生の12月になっても数学Ⅲや理科などの一部の科目で教科書が最後まで終了していないこともあります。得意科目だけでも早めに教科書を終え、志望校の過去問演習に着手することをお勧めします。 もし、学習進度が遅い場合には、自分で勉強するか、予備校を利用する必要があります。とにかく、過去問演習が非常に大切であることをご理解ください。

Q
小論文・面接の対策は、いつから始めるべきですか?
また、どれぐらい合否に影響がありますか?
A
夏休み終了までに目途を。苦手な人は早期に取り掛かりましょう。

高3生の9月以降は、「英語・数学・理科」などの主要科目に時間をかけなければなりません。 一般入試で合格を目指す場合には、小論文・面接に関しても、基礎的なことは夏休み終了までにある程度、目途をつけておいた方がいいでしょう。 面接試験の対策は、多くの医学部で願書出願の際に必要となる『志望動機書』の作成にも役立ちます。 小論文については、大学によって出題傾向が異なりますが、医療系、生化学系の素材であることが多いです。 形式も、課題文型、テーマ型、写真やイラストのみの場合などさまざまです。日本語ではなく、英語で出題されることもあります。 しかし、基礎的なことはどのような小論文であっても同じです。原稿用紙の使い方や、漢字・言葉遣い、表現方法、そして「自分の考えを分かりやすく記述する」ことです。 苦手な人は、高1生の頃から定期的に文章の要約練習を行うことをお勧めします。

小論文・面接対策
Q
模試の活用方法を教えてください。
A
なぜ間違えたのか?を分析し、再チャレンジして克服してください。

志望校判定に一喜一憂する必要はありません。フォーカスすべきは、できなかった問題や設問です。 二度と同じような問題で間違えないためにも、なぜ得点できなかったのか、解答解説を見ながら分析しましょう。 そして、余裕があれば問題集などで課題演習をしましょう。 できなかった模試の問題は、専用ノートを作っておき、再度、1カ月後など時間をおいて再びチャレンジしてみましょう。

メディカルラボでは、さまざまな医学部受験に役立つイベントを開催しています。
学校説明会・イベント日程とお申込

メディカルラボってどんなところ?

Q
医系専門予備校の良さは何ですか?
A
医学部に特化した情報力と解析力、講師力がそろっています。

1点目は、医学部入試情報の豊富さです。この情報を個別カリキュラム・授業・テストに反映させています。2点目は、医学部入試のプロがそろっていることです。 他の予備校にも優秀な講師はたくさんいますが、医学部入試に精通した講師と受験のノウハウがそろっているのが、医系専門予備校の良さです。

Q
1回あたりの講義時間を教えてください。
A
覚えたことを定着させるための、特殊な150分授業です。

メディカルラボでは、1回の授業を150分(50分×3)に設定しています。 授業で習ったことを定着させるためには、練習問題を解いたり、重要なことを覚えたりする演習時間が必要になります。

特殊な150分授業
Q
年度途中からでも入校できますか?
A
個別授業のメディカルラボは、いつでも入校可能です。

他の予備校は個別指導ではないことが多いため、原則4月入校となっていますが、メディカルラボは個別授業のため、 年度途中からでも授業を開始できます。教科書の途中から授業が始まることはありません。

入校について
Q
生徒の成績はどのように管理していますか?
A
講師陣と担任が密に連携し、フレキシブルに判断していきます。

1 毎月「生徒面談」を行います。

毎月の生徒面談で、生徒一人ひとりに合った勉強法や、志望校選定のアドバイスなどを行います。 また、生徒の悩みや不安を聞き、親身な対応をします。生徒面談以外にも、「様子がいつもと違う」「なんとなく元気がない」など、 気になるときは積極的に声をかけ、必要があればご家庭に連絡します。

2 学期ごとに「保護者面談」を行います。

保護者の皆さまにとっても、医学部受験は不安や悩みが尽きません。 保護者面談では、それらの悩みや不安を解消するだけでなく、詳しい受験情報なども併せてお知らせします。 また、担任が保護者の方に代わってご意向を生徒に伝えることも可能です。

3 担任が全科目の習熟度や進捗状況を把握し、「講師との連携」を図ります。

入試は各科目の合計点で合否が決まります。全科目の学習バランスや習熟度、進捗状況をチェックし、各講師と担任で会議を持ち、今後の学習について調整します。 生徒と講師の橋渡しも担任の大きな役割です。

4 志望校の変更や習熟度を見極め、
必要に応じて「カリキュラムの修正」をします。

学習が進むにつれて志望校が変更になることもあります。そんなときは、個別カリキュラムを修正しなければなりません。 生徒の習熟度を見極めて、カリキュラムの修正を適切に行います。

Q
自習室はいつも空いていますか?
A
個別ブース&年中無休。学習に集中できる環境を整えています。

生徒数に対して十分な席数を用意していますので、ご心配は不要です。 また、自習室は個別ブース、年中無休で利用できます。静かな環境も維持されています。

個別ブースの自習室
Q
1対1のプライベート授業とクラス授業の一番の違いは何ですか?
A
1対1だからできる、効率的で無駄のない授業を展開します。

クラス授業の場合、いくら少人数制であっても、複数の生徒が講義を受けるため、自分自身の理解度やペースに関係なく授業が進んでいきます。 分からなくてもどんどん先に進んだり、逆にすでに十分に分かっていることでも時間をかけて説明されます。どちらにしても授業に非効率さや無駄が生じます。 その点、プライベート授業では、1対1で授業が行われるので、理解度に応じて授業を進めることが可能です。 分からないところは詳しくゆっくりと、分かっている部分は簡単に、といったように生徒に100%合わせた授業を進めていきます。

1対1の個別授業
Q
他の予備校と講師はどう違いますか?
A
医学部入試を熟知した、各科目のスペシャリストぞろいです。

他の予備校では、学生講師であったり、授業ごとに先生が異なっていたりすることがあります。メディカルラボの講師は、経験豊かなプロの講師が科目ごとに一年を通じて担当します。 生徒の表情や言葉から、確実に理解しているか否かを見極めつつ授業を進めます。重視するポイントとして、①生徒の理解度を把握できる ②指導経験が長く、医学部・歯学部の入試傾向を熟知している③目の前の生徒に最適な授業を展開できる④生徒の良き理解者である ⑤他の科目の講師と生徒の成績を把握し連携し合うことができる–という方針に従っています。各講師は担当科目を攻略するスペシャリストです。安心しておまかせください。

プロ講師陣
よくある質問一覧
PAGE
TOP
資料請求
校舎検索