医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナウイルス感染症の対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

検索

学習のフォロー体制

LEARNING FOLLOW-UP SYSTEM

『1対1の個別授業』にプラスする課題学習で、総合的な問題解答力を高める。

メディカルラボの個別カリキュラムの中には『1対1の個別授業』のほか、
各科目の基礎力強化や暗記事項の定着、国語力の強化など、目的に応じた学習フォローの仕組みがあります。

多様な課題学習によって、
着実なレベルアップを

デイリーテスト暗記力・語彙力・計算力の養成

個別カリキュラムの中には、主として英単語やイディオムの定着や、数学の計算力の強化のための小テスト 「デイリーテスト」が含まれます。毎日テストを繰り返すことで、着実に暗記力・語彙力・計算力を鍛えていきます。

演習授業思考力・記述力・実践力の養成

生徒の学力状況に合わせて下記の授業のいずれかを行います。

①Z会添削

「試す→復習する→定着」の3ステップで添削を行うZ会の問題を使って学習を進めます。 詳細な添削を生かして、思考力・記述力を高め、豊富な問題演習で難関医学部の入試問題に対応できる力を養います。

Z会添削は、下記のように行われます。
  • STEP.1|試す

    演習問題に取り組む。

  • STEP.2|復習する

    添削結果と自分の答案を
    照らし合わせながら、復習。

  • STEP.3|定着

    添削の内容で
    疑問があれば、講師が解説。

通信添削課題の提出、復習管理をメディカルラボで行い、学習ベースを維持します。

②基礎面接・基礎小論文

『1対1の個別授業』で、志望動機の作成や小論文の基礎的な指導、面接で対応する力、 自己分析できる論理的思考力を養っていきます。将来の医師像を再確認することで、 モチベーションの向上にもつながります。

③映像授業

パソコンやタブレットを使った映像授業で学習を進めます。各科目ともさまざまなレベルの講座で問題演習量をフォロー。 実践力を養うことは、苦手科目の補強になるのはもちろん、国公立医学部志望者のセンター対策としても有効です。

チェックテスト授業の定着の確認

個別授業で学習した内容が、しっかり定着しているかを確認するテスト「チェックテスト」は、 高卒生の場合は1週間に2コマ、高校生は授業進度に応じて時間割の中に設定されています。 「チェックテスト」は、生徒の学力レベルに応じて一定の分野・単元の終了の際に実施します。

ケアレスミスノートケアレスミス防止対策

ハイレベルな医学部入試では、わずかな得点差が合否に影響します。その中でもケアレスミスは致命的で、 しかも対策が非常に難しいものです。メディカルラボでは、ケアレスミスの種類や失った点数などの項目について ケアレスミスノートを作成。ミスの傾向を把握するとともに、その重大性を認識し、生徒がケアレスミスを意識できる 対策を行っています。また、そのノートを講師、担任で共有することで、『1対1の個別授業』や面談でも意識付けを行い、 その効果を高めています。

英単語・英熟語の暗記を助ける
AIアプリを導入
英単語・熟語を効率的に習得

メディカルラボでは、英単語・英熟語の記憶を補助するAIアプリを導入し、生徒へ実施させています。 アプリ内の学習では、一つの単語に対して、下書きなぞり、択一式、英和・和英記述の解答形式で問題が出題されます。 単語ごとの解答形式による正答率や、解答してからの経過時間などを元に記憶の定着度合いをAIが判断し、 記憶の定着が曖昧と思われる英単語から重点的に出題されます。問題の正答率を受けて適宜出題されるので、 記憶の定着がより効率的に。生徒の回答率や定着率は、日々担任が確認・管理し、保護者面談で成果をお伝えします。

PAGE
TOP
資料請求
校舎検索