医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナに対する各校舎の対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「医学部予備校ナビ」調べ

検索

個別担任制

INDIVIDUAL ACADEMIC ADVISOR

生徒、保護者、そして講師をつなぐ。
個別担任が中心となって、
医学部合格チームを形成。

生徒ご本人、保護者、そしてメディカルラボが編成する7名のプロ講師。
これらの中心に立ち、医学部合格を
サポートするのが「個別担任」です。
生徒のすべてを把握し分析・判断を行う担任が、
チームの要として存在します。

生徒と講師、生徒と保護者の間に立ち、
徹底フォロー。

生徒1名につき、最大7名のプロ講師を編成して臨むメディカルラボの医学部合格チーム。 そこには必ずもう1名の「個別担任」がいます。生徒との月1回の学習面談や、保護者との年2~3回の面談、さらに講師陣との密なコミュニケーションによるカリキュラムの修正など、チームの中心に立ち、徹底フォロー。 生徒と講師をつなぎ、生徒と保護者をつなぐ調整役として、計画的、戦略的な医学部合格メソッドを実践していきます。学習面、精神面などさまざまな側面でフレキシブルに対応!

担任ってどんな人?

生徒をサポート

  • 1. 月1回の生徒面談

    生徒一人ひとりに合った勉強法や、志望校選定のアドバイスなどを行います。 生徒の悩みや不安を聞き、解決に向けて親身に対応を。生徒面談以外にも、生徒に気になることがあれば、積極的に声を掛け、必要に応じて保護者へ連絡します。

  • 2. 講師との連携

    医学部入試は、各教科の合計点で合否が決まります。 全教科の学習状況のバランスをチェックし、各講師と担任で計画的に会議を行い、今後の学習について調整していきます。 生徒と講師の橋渡しをすることも担任の大きな役割の一つです。

  • 3. カリキュラム見直し

    学習が進んでいくにつれて、志望校が変更になることもあります。それに即座に対応し、個別カリキュラムの見直し、修正をしていかなければなりません。 生徒の習熟度を細やかに見極め、カリキュラムの変更を適切に行っていきます。

  • 4. 受験の願書サポート

    志望校の実際の受験に際し、願書の書き方や大学への提出状況、スケジュールなどを随時確認し、願書提出が完了するまでしっかりとサポートします。

保護者をサポート

  • 1. 年2〜3回の面談

    保護者にとっても、生徒の医学部受験には、不安や悩みが尽きません。それらの不安や悩みを解決するだけでなく、詳しい受験情報なども合わせてお知らせします。 また、保護者のご意向を、担任が保護者に代わって生徒へ伝えることも可能です。

  • 2. 報告書を作成

    授業内容や学習の進捗状況、今後の方針などをまとめた「講義報告書」を作成し、定期的に保護者へお届けしています。 目に見えにくい生徒の状況をご確認いただくとともに、今後に向けた生徒とのコミュニケーションに資料としてもお役立てください。

わたしたちの思い
  • 担任 赤谷 友宏 先生

    安心して相談できる、
    気持ちを整えられる存在に。

    1年間という長い受験期間には、気持ちの浮き沈みが必ずあります。 その沈みをできるだけ短くし、合格まで前を向いて走りきることができるよう、担任としてしっかりとサポートしていきます。 入校した春に信頼関係を築き、何でも相談しやすい関係を作ることを心掛けています。

  • 担任 小川 友輝 先生

    学習に集中できる環境づくり。
    それが担任の役割。

    個別カリキュラムや勉強方法、受験校の選定など、合格に必要なことはすべて、講師陣と連携しながらご提案させていただきます。 そのためには、最新の受験情報の収集・分析に加え、生徒や保護者の方々とのコミュニケーションが大切。最も良い状態で学習に集中できる環境を整えます。

PAGE
TOP
資料請求
校舎検索