医系専門予備校メディカルラボ

新型コロナとオンラインの対応

医系専門予備校 合格者数 No.1※「ショッパーズアイ」調べ

検索

鹿児島校

寮あり駅チカ交通至便

鹿児島の中心地「天文館」に、2017年1月開校。

医系専門予備校メディカルラボは、2017年1月、鹿児島の中心地とも言える天文館にほど近い

「鹿児島センタービル(ワシントンホテルププラザ)」の2Fに開校しました。

医学部志望者はもちろんのこと、歯学部・薬学部・獣医学部、中には看護学部を目指す方にもすべて、プロ講師による、個別カリキュラムに沿った、1:1個別(マンツーマン)授業を提供している予備校です。また、多くの高校生が、現役合格を目指して頑張っています。

開校以来、鹿児島大学、久留米大学、福岡大学など、九州の医学部に合格者を多く輩出。

さらに首都圏の医学部や学校推薦型選抜(指定校・一般)・総合型選抜にも実績があります。

集団授業や少人数授業の予備校では難しい、生活面や精神面のきめ細やかなサポートも受けられます。

医療系学部を目指す皆さん、ぜひ一緒に合格を勝ち取りましょう。!

PICK UPイベント 【鹿児島会場】久留米大学 医学部入試説明会
【鹿児島会場】医学部入試合格ガイダンス -入試分析編-
資料請求はこちら

1

校舎長
ごあいさつ

生徒と保護者に徹底的に寄り添い、明日の医師を作ります

鹿児島校では、生徒と保護者の皆さまにしっかりと寄り添いながら、学習面からメンタル面まで徹底的にサポートします。これによって、鹿児島大学、福岡大学、久留米大学等の医・歯・薬学部へ合格者を送り出してきました。医学部受験には、他学部とは違う特別な準備が求められます。質の高い学力はもちろん、しっかりとした情報処理力、自己管理力、倫理観を養うことが将来の医師として必要だと考えています。医学部受験の不安や悩みを何でもご相談ください。
真鍋 正彦

2

設備

2017年にオープン。清潔で静かな校舎です

登下校メール

登下校をメールで保護者にお知らせしています。

授業スペース

あなただけの教室。プロ講師がマンツーマンで向き合います。

自習室

パーテーションがあり、周りを気にせず集中して勉強できます。

トレーニングルーム

セミナーでは全国27校で集めた最新の情報をお届けしています。

応接室

生徒面談や保護者面談では、和やかに真剣に、個別相談に応じます。

受験関連書籍

全医学部の過去問から定番テキスト、図説・図録集まで充実しています。

3

講師紹介

九州はもちろん全国の医学部情報に精通した頼もしい講師陣

英語安田 将吾 先生

医学部と言えど、入試では「基本がどれほど徹底されているか」が問われているにすぎません。国公立・私立に関係なく、特にセンターレベルの語彙語法を即答できる英語力は必須です。情報に流されずコツコツ語彙力をつけ、文法事項の確認作業をすることが、一番堅実な合格への道。個別授業ではこうした確認作業を徹底して指導しています。受験勉強は堅実な医療人になるプロセスと同じです。皆さんの健闘を祈っています。

数学福島 一徳 先生

医学部受験が厳しさを増す昨今、各大学は解法の暗記のみでは解けない問題を出題しています。これに対抗するには、なぜ、その答えに至ったかを他人に説明できるくらいの理解が必要。授業では、問題演習をこなす中で他人に説明できるところまで詰めていく作業を、一人ひとりの理解度に合わせて1対1で行います。一問一問、地道に繰り返していけば、必ず入試問題が解けるようになります。

生物篠原 健治 先生

「生物=暗記科目」という思い込みをしている受験生がいます。しかし、最近の医学部入試の「生物」では、総合的な生命現象を問う問題が多く出題されているのが現実。個別授業ではまず、「生物」の各単元を「理解」することを優先し、「暗記」事項は必要最小限にとどめます。生徒それぞれの理解度を確認した上で、他の単元と「有機的」に結び付けながら、「生命現象を俯瞰できる総合力」が身に付くよう指導しています。

化学坂本 光一 先生

大学により問題の難易度が異なる「化学」。受験校の出題傾向の把握・対策を十分に行っているかどうかで、得点率が大きく変わります。そこは、全医学部の問題を熟知したプロ講師だからこそできる、「合格に繋がる授業」にお任せを。あなたの目標、現状の実力を把握した担当講師が合格に必要な授業を1対1で行うので、確実に理解が深まり、力がつきます。入試に繋がる授業で、一緒に合格を勝ち取りましょう。

物理肥後 幸男 先生

ますます厳しく、難しくなってきた医学部受験の「物理」ですが、その本質を理解して戦略を立てれば、合格点を取ることは十分可能です。1対1の授業なので受験「物理」の本質を分かりやすく丁寧に解説できますし、一人ひとりの弱点を見つけて克服し、実力を飛躍的に向上させる自信があります。合格を目指して一緒に頑張りましょう。

小論文・面接稲垣 茂 先生

医学部入試の「小論文」で求められるのは、「いかに採点官を説得できるか」です。そのため授業では、適切に因果関係を把握し、それを反映した文章構成能力の養成を目指しています。「面接」ではマニュアル化された問答ではなく、他の受験生との「差別化」に力を入れて指導。どの医学部でも問われますが、意外と答えにくい「医師志望理由」を明確に伝えられるよう指導していきます。

メディカルラボの講師をもっと見る

4

合格者紹介

鹿児島校で学び、合格を掴んだ生徒たち

国公立 鹿児島大学・一般
S・K さん

最も大切なのは基礎力。そして面接だと思います。その上で、国公立は2次試験対策を優先するのはもちろん、センター対策も抜かりなく。また私立対策は確実に取れるところを見極め、そこを落とさないようにすることだと思います。

私立 近畿大学・一般
S・S さん

個別授業では基礎固めを意識して行い、受験前は志望校の類題を解いて応用力を養いました。得意科目を意識した受験校マッチング、小論文や面接の対策もしっかり取り組めたことが合格に繋がったと思います。

合格体験記をもっと見る

5

保護者の声

何でも相談でき、親身になって対応してくれるので安心です

本人にやりたい勉強方法があったため、先生と話し合い、本人の意見も尊重しながら、足りない部分を補う勉強方法を確立していただきました。他にも本人が納得するまで相性の良い講師を探してくださったり、校舎内での勉強場所についても考慮してくださるなど、勉強に集中できる環境を整えていただきました。 おかげで休日も鹿児島校に通い、学習に励めていたようです。また分からないところがあってもすぐに質問して解決出来るため、学習効率が上がっていたように思います。

保護者名:A さん

保護者の声をもっと見る

6

寮のご案内

2019年4月オープン。女性専用フロアもあって安心・快適

男女寮

食事、家具、家電付きの指定学生寮。女性専用フロアもあり、安心、安全に配慮した最新の設備を備えています。

アクセス
ドーミー鹿児島
アクセス方法
校舎→(徒歩3分)→鹿児島市電「高見馬場駅」→(電車13分)→鹿児島市電「神田駅」→(徒歩1分)→寮
※校舎から寮まで徒歩31分
住所
〒890-0055 鹿児島県鹿児島市上荒田42-4
定員
115名(うち女性専用フロア36名)
部屋の広さ
17.90㎡

主な設備 ex.
ベッド(シングル)・机・椅子・電気スタンド・IP電話・全自動洗濯機・2ドア冷蔵庫・バスと洗面所・セパレートトイレ(シャワー付き)・冷暖房エアコン・カーテン・IHクッキングヒーター

 

ACCESSアクセス

・鹿児島市電「高見馬場」電停・「天文館通」電停より徒歩2分
(JR「鹿児島中央駅」から「高見馬場」電停までは鹿児島市電6分)
・市営バス停「高見馬場」向かい

住所
〒892-0844
鹿児島市山之口町12-1 鹿児島センタービル2F
大きな地図で見る
TEL.
099-225-6500
0120-456-558
 
 

EVENT鹿児島校で開催中のイベント

もっと見る

近隣の校舎を探す

▼近隣の都道府県から探す

PAGE
TOP
資料請求
校舎検索